サービスラインナップ

 

メインサービス

 

インフォメーション

なにこのキズ!?
キズヘコミ修理

そろそろ車検だわ
エコノミー車検

愛車の素肌対策 
ボディーコーティング

オイルは血液。  
各種オイル交換

クルマの電池は  
バッテリー診断・交換

命をのせて走る・・・
タイヤ点検・調整・交換

クルマを止めるのは、
ブレーキ点検・交換

視界すっきり 
ワイパー点検・交換

暗いと感じたら・・・ 
ランプバルブ交換

冷えが悪い!? 
エアコン点検・調整

ガラスのひび割れ 
ガラスリペア・交換

クルマの心に火?
スパークプラグ交換

ゴムは劣化します
色々なベルト交換

えっ、なんで!? 
突然のトラブル関係

タイヤの片減り
アライメント測定

安心設備    
作業環境・設備

作業工程    
フレーム修正作業

作業工程    
鈑金塗装作業工程

 

  【埼玉県越谷市・吉川市・松伏町・三郷市】鈑金塗装作業工程
  
 
 ホンダ ゼスト鈑金編
 

  右側後ろ側の損傷です。クォーターとリアドアがへこんでいます。クォーターは損傷の度合いが激しいので交換になります。  

  イメージ写真 ホンダ ゼスト 右クオーターと右リアドアが損傷しています。
クォーターは交換、リアドアは鈑金します。
 

  イメージ写真 クォーターのウインドウを取り外しました。取り外しのために内張りをはずします。
クォーターを切り取るときにも外れている必要があります。
 

  イメージ写真 クォーターの溶接部分をタガネではずしています。
スポット(溶接)部分は「04番」の写真の道具を使いほとんど剥離されています。
 

  イメージ写真 「スポットミル」という機械。エアー式のドリルです。アームとドリルの間に鉄板を挟み、サポートしてくれるので正確にさぎょうができます。  

  イメージ写真 ハンマーとタガネです。  

  イメージ写真 クォーターが外されました。  

  イメージ写真 外れたクォーターです。  

  イメージ写真 新しいクォーターとの接地面をベルトサンダーで綺麗にならします。  

  イメージ写真 新品のクォーターです。
箱に詰まってきます。
 

  イメージ写真 新品クォーターを車に借り合わせします。
つなぎ目となる部分を細かく調整していきます。
 

  イメージ写真 ガラス取り付け部。
溶接作業で位置がずれない様にバイスプライヤーを使って固定します。
 

  イメージ写真 ステップ部。
ここも同じようにバイスで固定します。
 

  イメージ写真 まずはパネルのつなぎ目を溶接していきます。  

  イメージ写真              

  イメージ写真 パネルの溶接が終わりました。  

  イメージ写真              

  イメージ写真 ガラス取り付け部。
先ほど溶接した部分をベルトさんだーを使い盛り上がった部分を削り落としました。
 

  イメージ写真 ステップ部。
同じく削り落としました。
 

  イメージ写真 ガラス取り付け部。
パテを使い成形していきます。
 

  イメージ写真 ステップ部。
パテを使い成形していきます。
写真には写っていませんがリアドアの鈑金も同時に進めています。
 

  イメージ写真 ステップ部。
パテの成形が終わりサフェーサー(外装塗装の下地になる塗料)を施工します。
黒いサフェーサーを使用しています。
 

  イメージ写真 ガラス取り付け部。  

  イメージ写真 リアドア部  

 
 ホンダ ゼスト塗装編
 

  塗装作業に入ります。サフェーサー部を平滑になるまで研ぎつけます。
パネル全体に細かく均等な研ぎ跡を施します。(足付け作業)
 

  イメージ写真 ホンダ ゼスト 塗装編 
取り替えたクォーターとボディーの隙間にシリングをし防水加工を行います。
 

  イメージ写真 つなぎ目に白い部分があります。これがシーラーです。  

  イメージ写真 リアゲートを閉じた状態でのマスキングをするためにリアゲートに隠れて塗れなくなってしまう部分を先に塗っておきます。  

  イメージ写真 塗った部分を乾かしている間に取り外しておいたリアドアを処理していきます。サフェサーブ分の研ぎ、それ以外の部分の足付けを行います  

  イメージ写真 クォーター、ステップ部の研ぎ、足付けも完了しました。  

  イメージ写真              

  イメージ写真 ドアは写真のように裏側を支えて固定します。  

  イメージ写真              

  イメージ写真 のように裏側を支えて固定します。

固定したドアも裏側を含めガラス部分などをマスキングしていきます。
 

  イメージ写真              

  イメージ写真 ステップ部分の塗装のためにフロントドアを開けた状態でのマスキングになります。  

  イメージ写真 タイヤハウス部の塗装のためにタイヤを取り外し内側を塗装できるようにしています。  

  イメージ写真 この後脱脂をし、細かいごみを飛ばすためにエアブローをしておきます。  

  イメージ写真 ベース(色)の塗装作業に入りました。  

  イメージ写真 塗り忘れの無いように丁寧に塗っていきます  

  イメージ写真 ドアもサフェーサー部分から塗っていきフロント側に色をぼかして行きます。  

  イメージ写真 何回かに分けて色を塗っていきます。サフェーサーが見えなくなるまで繰り返します。  

  イメージ写真 1回ごとの塗り工程で指触乾燥(指で触れる程度の乾燥)をさせます。
タッククロスを使ってミスト、ホコリを取り除きます。
 

  イメージ写真 サフェーサーの隠蔽、とぼかし工程が終了し、トップコートのクリアー塗装を行います。  

  イメージ写真 クォーターステップ部もクリアー塗装をしています。  

  イメージ写真 RM-DAIAMONT塗料はベース(色)だけではつやも無く硬化もしないのでトップコートクリアーを塗ることによってしっかりとしたと幕を形成することができます。  

  イメージ写真              

  イメージ写真 塗装が終わりブースで熱を加え硬化させました。仕上げに塗装面に付いた小さなホコリを取り除きます。
 

 
 日産キャラバン塗装編
 

  右ドアの前側に損傷。
スタッドでの引き出し鈑金後パテでの仕上げをしてあります。サフェーサーが入った後からの作業工程を紹介します。
 

  イメージ写真 色あわせをしています。
手に持っているカードは「カラーマスター」という調色用の道具です。
 

  イメージ写真 サフェーサー(グレー色を使用)を平滑になるように研いでいます。
ドアとコーナーパネル全体には足付けを行います。
足付けをすることで塗装の密着性を確保します。
こびりついた汚れなどもこのときに確認し落としておきます。
 

  イメージ写真 塗装ブースに車を移動しマスキングを始めます。  

  イメージ写真 ドアの裏側の縁にマスキングテープを貼ります。ドアの周りに黄緑のマスキングテープが見えるように貼ることでドアの内側に塗装のミストが入らないようにできます。  

  イメージ写真 先ほど貼ったマスキングテープに沿うように養生シート(マスキング用のビニール)をかぶせます。  

  イメージ写真 写真1枚目で確認しておいて色を作成します。  

  イメージ写真 ベース塗料(シルバー)を塗ります。サフェーサーが隠蔽するまで4〜5回の塗りと乾燥を繰り返します。  

  イメージ写真 続いてクリアーを塗ります。  

  イメージ写真 ブースで70度の熱を加えました。  

 

上ブログ

下ブログ

キーワード検索

 



 

会員専用ページ

 ログインID
 パスワード
   

 

オリジナルスペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース